株主優待を利用している方として桐谷さんは有名でしょう。優待サービスを受けた際に効果的な使い方や注意点を解説します。

笑ってOKサインを出す男性
  • ホーム
  • 企業のマーケティングと株主優待の権利

企業のマーケティングと株主優待の権利

お金を数える人

最近は、株主優待を制度化する上場企業が増えていますが、それは何故なのでしょうか。
まず、株主優待を制度化することによって、株主優待の権利を取得する為の株式購入が増えることにより、その企業の株価が維持されるとともに、企業は安定した個人株主層を確保することができると考えられます。
すなわち、最近は外国人投資家が保有する株式のパーセンテージが増加しているのですが、このような外国人投資家の目的はただ利益を得ることのみのことが多いと言えます。
今はたくさん株式を保有してくれているとしても、これらの株式はいつ大量に売却されることになるか判らないと言えるわけなのです。

その点、日本の個人投資家の場合には、株主優待の権利を保持する為に株式を保有し続けてくれると考えられますし、不特定多数の個人投資家がいっせいに株式を売却する可能性は少ないと考えられるわけです。
それから、株主優待の制度には、マーケティング効果もあると考えられます。
すなわち、株主に定期的に自社の新商品や新サービスを無料提供あるいは割引提供することにより、自社製品の認知度を深め、製品やサービスの販売を促進させることができるということになります。
ただ、それは諸刃の剣でもあるとも考えられます。
すなわち、その製品やサービスが本当に良いものであったならば、マーケティングの効果が上がると考えられます。
しかし、その製品やサービスの品質が悪いものであったならば、株主はもうその会社の製品やサービスを購入しなくなってしまうかもしれません。
このような品質の良くない製品やサービスを販売している会社の将来は明るくないと考えて、保有している株式を売却してしまうかもしれないわけです。

関連記事