株主優待を利用している方として桐谷さんは有名でしょう。優待サービスを受けた際に効果的な使い方や注意点を解説します。

笑ってOKサインを出す男性
  • ホーム
  • 株主優待で一番得をするものって何か?

株主優待で一番得をするものって何か?

笑っている男性

個人投資家に人気の高い株式優待には様々な種類が存在しています。
食品を製造している企業であれば自社製品を株主優待として配布するケースが多いですが、一般の製造業のように個人投資家にとって魅力的な自社製品がない場合にはクオカードや商品券のような金券を配布するケースもあります。
またはサービス業のようにサービスの利用券を提供することで株主優待とするケースも存在しています。
このように非常に幅広い株主優待には、それぞれ優待をもらうことになる株主が喜ぶような内容のものにしていこうとする企業の考え方が含まれているのが一般的です。

これらの様々な種類のある株式優待の中でどれが最もお得であると考えるかは個人によって違います。
そのため株主優待を目的に株式投資するのであればどのような優待を受けることができるのかをあらかじめ確認しておくことで魅力的な優待を獲得することがオススメできます。
一般的に自社製品の優待を行っている企業は内容的に充実した株式優待を提供することが一般的です。
商品券やクオカードのような金券であれば様々な使い方ができるため、もらって困ると言う人はいません。
しかしながら株式優待としては面白くないと考える人もいるのです。
したがってどのような株式優待がお得であるかは自分で決めるものであるといえます。

最近では株式優待の価値を具体的な数値に変換し株価と関連付けて優待利回りと言う考え方をする人も増えています。
株価に対して得ることができで優待の価値が高ければ高いほどお得であると言う考え方です。
少ない投資額で大きな配当や株主優待を受け取ることができるのがお得な株式であると言う考え方も存在しています。
このように様々な角度から評価されるものなのです。

関連記事